JOURNAL

2018.11.26

COACH JACKET

様々なアウターが出揃いインナー含めてリアルに選べる時期となりました。
今回は個人的に愛用しているコーチジャケット。
良い感じに馴染んできました。
ボトムはダストジーンズなどデニム系からジョッパーパンツのようなオイルドの質感まで
幅広く対応できるアウター。
64クロスの着心地の軽さと薄手の中綿が適度な温かさを感じさせるアイテムです。

M1 0361

RB-050 MA-1 COACH JACKET  BLACK / 3  ¥64.000-
RB-016 HOODED HEAVY JERSEY  GRAPHITE / 3  ¥38.000-
RB-018  JODHPUR JEANS  B.INDIGO / 3  ¥24.000- (SHOP STOCK)
R+042  BACK ZIP BOOTS  BLACK / 41  ¥98.000-

M1 0341

止水ファスナーやラバードットがディテールアクセントとしてのポイント。
適度なヨレや細長い袖などのポイントもありますが、やはり着ていて思うのはシルエットの
良さ。柔らかい64クロスに薄い中綿が入る事で良いテンションが全体に掛かり、
細長いフォルムを常に保ちます。
中綿の適度な温かさは時間帯によって気温差が激しいこの時期に特に着易く感じます。

M1 0301

M 0171

ドルマンスリーブらしいアームの緩さは着心地に直結する仕様です。
へヴィージャージも良い感じに着込めるこのパターン。
緩く細い全体を形作るリップらしいフォルムです。

M1 0401

M 0111

M1 0391

RB-050 MA-1 COACH JACKET  BLACK / 3  ¥64.000-
R+056  TRAINER L/S  WHITE / 4  ¥17.000-
RB-042  DUST JEANS  DUST BLACK / 4  ¥44.000-
R+042  BACK ZIP BOOTS  BLACK / 41  ¥98.000-

M1 0051

この時期にはトレイナーが快適です。
日差しの強い日中は前を開けながら着たりします。
薄手でも形がまとまるので長く着用できますね。
個人的には真冬にはボアジャージなどフリース系のアイテムを着る予定です。

M1 0071

M1 0181

M1 0201

この真っ直ぐ下に落ちる裾にかけてのフォルムが好きな所。
少し艶のある質感も軽さがあってこの時期でも重く見せません。

M1 0251

M1 0221

全体は綺麗なコートのような印象でありながらも、MA-1らしいディテールで
ラフさも兼ね備えたコーチジャケット。
使い勝手も良くこの時期から長く愛用できるアウターです。
店頭でお試しください。

MASUDA